コラム

交通事故における後遺障害等級とは?

交通事故で損をしないためには、「後遺障害等級」について知っておかなければなりません。この等級が、後遺症に対する損害賠償額を大きく左右するのです。後遺障害等級に関する基本的な知識をお伝えします。

後遺障害等級の定義

後遺障害等級の定義

交通事故による後遺症の程度は人それぞれ異なるため、損害賠償の基準を一律に定めることはできません。そこで、後遺症の程度に応じて一定の基準が設けられています。

この基準が後遺障害等級です。慰謝料はこの等級に応じて決まるため、たとえ同じ症状であっても、等級が適正に認定されるか否かで損害賠償請求額は大きく変わってきます。後遺症に対して適正な賠償を受けるためには、まず適正な等級認定を受けなければならないのです。

後遺症と後遺障害の違いとは

後遺症と後遺障害は、一般的にほぼ同じ意味とされていますが、実は重要な違いがあります。

後遺症

治療を受けても完治せず、将来において回復が見込めない症状のこと

後遺障害

後遺症のうち、これ以上治療しても症状が良くも悪くもならない状態に達しており(症状固定)、労働能力の喪失を伴う症状で、等級として認定されるもの

具体的に後遺障害は、下記の要件を満たすものをいいます。

  • ・症状固定の状態に達していること
  • ・その症状が医学的に証明できること
  • ・交通事故との因果関係があること
  • ・労働能力の喪失を伴うものであること

後遺障害に対する補償は、その症状によって労働能力を失ったことについての損害を補填するのが目的です。医師から「後遺症が残る」と言われたとしても、補償の対象となる後遺障害に該当するとは限らないため、注意が必要です。

等級認定を得ることの難しさ

等級認定を得ることの難しさ

後遺障害の中には、症状を客観的にとらえることが困難なものも存在します。例えば「むち打ち」による痛みやしびれは目に見えず、数値化が困難です。後遺障害等級認定の審査は、原則として提出する書類や資料で認定結果が決まります。

症状が正確に伝わるように診断書を作成しなければ、適正な等級認定を得ることはできません。後遺障害に該当するか否かの判断には、医学的知識だけでなく高度な法的知識も求められるため、弁護士など専門家のサポートが必要といえます。

京都宇治市にある当事務所では、複数の弁護士が交通事故相談に親身に対応しております。初回法律相談の費用は無料です。「等級認定に納得がいかない」「提示された示談金額が低い」など、このようなお悩みがありましたら、一度ご相談にいらしてください。

京都の弁護士に交通事故の後遺症や示談相談するなら宇治こはな法律事務所へ

京都で交通事故の後遺症や示談相談なら【宇治こはな法律事務所】 概要

事務所名 宇治こはな法律事務所
所在地 〒611-0031 京都府宇治市広野町西裏54-17 扇ビル3階
電話番号 0774-94-6651
URL http://uji-kohana.jp/
業務内容 相続問題・相続トラブル/遺言書作成/離婚・男女問題/交通事故/不動産問題/労働問題/債権回収/消費者問題など
説明 京都の宇治市にある『宇治こはな法律事務所』では、離婚問題や相続問題、交通事故問題といった日常の法律トラブルのご相談を承っております。地域で唯一女性弁護士が在籍している弁護士事務所となります。ご依頼や費用などに関するご相談はお気軽にお問い合わせください。