コラム

離婚弁護士に相談するメリット

離婚をする際には様々なことを決める必要があります。離婚することがその後の生活にも大きく影響するため、意見が合わないことが原因でスムーズに合意しないことも多いです。離婚を早急に成立させたい場合は、離婚弁護士相談することをおすすめします。離婚弁護士への相談は、次のようなメリットがあります。

離婚の長期化を防ぐ

離婚の長期化を防ぐ

離婚合意に向けた話し合いをする場合、相手への不満が大きいと冷静に話し合いをするのは困難なことが多く、お互いの意見が対立した場合は長期化することが予想されます。離婚をする際には財産分与や慰謝料、子供がいる場合には親権や養育費なども決めなくてはいけませんが、中でも子供に関する話し合いはこじれることが多いです。

話し合いが長期化すると、子供の将来に良くない影響が出ることも考えられます。離婚弁護士は二人の間に立ち、交渉窓口のような存在となり、離婚成立に向けて冷静に判断していきます。

調停委員に有利な印象を与えられる

調停委員に有利な印象を与えられる

調停離婚になった場合、調停委員が夫婦の仲介役となり離婚合意に向けて話し合いをしていきますが、調停離婚では、調停委員への印象が大切です。

調停の場で弁護士が同席するということは、それだけ費用がかかることでもありますので「弁護士に依頼するほどこの人は本気で離婚したい」という印象を与えることができます。また、適切なアドバイスも可能で、調停をこちらのペースで進められるでしょう。

親権を得るための適切なサポートをしてくれる

夫婦の間に未成年の子供がいた場合、親権を決める必要があります。一般的に、子供の親権は母親が持つことが多く、親権=母親というイメージを持つ方もいると思います。しかし、近年は育児に積極的な父親も多いことから、親権を希望する父親も増えています。どちらが親権を持つかは様々な視点から判断されますが、弁護士は親権を得るための適切なサポートをさせていただきます。

京都で離婚弁護士をお探しの方は当事務所をご利用ください。京都・宇治にある当事務所では、慰謝料や財産分与、婚姻費用、養育費、親権など、離婚で生じるお金やお子様の問題に対応しております。離婚を考える原因は様々だと思いますが、当事務所には女性離婚弁護士も在籍していますので、デリケートな問題をお持ちの方も安心してご相談ください。

慰謝料や親権など離婚弁護士へのご相談なら京都の宇治こはな法律事務所へ。女性弁護士も在籍。

京都で離婚弁護士へ親権のご相談なら【宇治こはな法律事務所】 概要

事務所名 宇治こはな法律事務所
所在地 〒611-0031 京都府宇治市広野町西裏54-17 扇ビル3階
電話番号 0774-94-6651
URL http://uji-kohana.jp/
業務内容 相続問題・相続トラブル/遺言書作成/離婚・男女問題/交通事故/不動産問題/労働問題/債権回収/消費者問題など
説明 京都の宇治市にある『宇治こはな法律事務所』では、離婚問題や相続問題、交通事故問題といった日常の法律トラブルのご相談を承っております。地域で唯一女性弁護士が在籍している弁護士事務所となります。ご依頼や費用などに関するご相談はお気軽にお問い合わせください。