コラム

相続問題が発生しやすい例

相続問題が発生しやすい例

仲の良い兄弟姉妹であっても、相続争いの末、将来に禍根を残すことは少なくありません。相続トラブルを未然に防ぐには前もって弁護士相談し、遺言書作成などの対策を講じることもトラブル回避の有効な手段です。以下に挙げる例を参考に、相続問題について考えてみてください。

兄弟姉妹の1人が被相続人の介護をしていた

生前、兄弟姉妹の1人が被相続人を介護していた場合、相続問題が発生することが多いです。争議の論点となるのは、介護による負担分をどれだけ考慮して遺産分割をするかです。介護の期間にもよるのですが、一般的には介護をしていた相続人への寄与分が加算され相続が進められることになります。

しかし介護していなかった側から、「実家に同居し介護をしていたなら、家賃が不要になるなどのメリットがあったはずだ」などと主張され、相続トラブルへと発展してしまうことがあります。

土地や不動産などの現金以外の財産がある

相続できる財産の中に現金がなく土地や不動産のみという場合、その相続方法によっては相続問題に発展する可能性があります。1人が土地や不動産をまとめて相続し、他の相続人には相続分に値する現金を払うといったことができればトラブルを回避できるかもしれませんが、現金が用意できなく、相続問題に発展してしまうケースも多いです。

長男が財産をすべて独り占めする

地域によっては、「財産はすべて長男に」という考えが今でも根付いているところがありますが、1人の相続人がすべてを相続するということになれば、他の相続人が納得いかなくトラブルに発展する確率は高いです。

もし遺言書に同等の内容が記載されていたとしても、兄弟姉妹間に亀裂が生じてしまうかもしれません。全財産ではないにしろ、長男が優位になるような割合で分割する場合も、相続時のトラブルに発展してしまう可能性があるので、遺言書作成時は注意が必要です。

京都府宇治市にある当事務所では、相続問題に悩む方のサポートを行っております。相続トラブル、離婚問題、交通事故トラブル、借金問題など、人生で起こる様々な悩みを解決するため、お客様の立場に立ったアドバイスができるよう心掛けております。また、弁護士費用の明瞭化に努め、契約前にきちんと明確な額を提示し、納得いただいた上で契約を進めてまいります。ご不明な点などがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

京都の弁護士に土地相続トラブルやその他相続問題、遺言書作成を依頼するなら

京都で相続問題を弁護士に相談するなら【宇治こはな法律事務所】 概要

事務所名 宇治こはな法律事務所
所在地 〒611-0031 京都府宇治市広野町西裏54-17 扇ビル3階
電話番号 0774-94-6651
URL http://uji-kohana.jp/
業務内容 相続問題・相続トラブル/遺言書作成/離婚・男女問題/交通事故/不動産問題/労働問題/債権回収/消費者問題など
説明 京都の宇治市にある『宇治こはな法律事務所』では、離婚問題や相続問題、交通事故問題といった日常の法律トラブルのご相談を承っております。地域で唯一女性弁護士が在籍している弁護士事務所となります。ご依頼や費用などに関するご相談はお気軽にお問い合わせください。