交通事故

 

 

交通事故における賠償義務

交通事故において、故意または過失により他人の権利(生命、身体又は財産)を侵害した場合、それにより発生した損害を賠償する義務が生じます。
治療費・休業損害・将来の逸失利益・慰謝料等人身の被害によるもの(人損)と、壊れた車両等の物的被害(物損)の双方が賠償の対象となります。

交通事故における損害

損害は、以下のように大きく5つに分類されます。
①積極損害
積極損害とは、事故によって実際に支出しなければならなくなったものを言います。
例)治療費、通院交通費など
②休業損害
休業損害とは、事故によって、仕事や家事ができなくなってしまったことを損害とするものを言います。
③後遺症の遺失利益
事故によって、身体に後遺症が残ってしまった結果、本来得ることができたであろう利益を失ったことを損害として考えます。
例えば、左手に後遺症が残った結果、それまで通りの仕事や生活ができなくなったとして、できなくなった仕事量について、将来の分も含めて損害とすることができます。
④死亡による遺失利益
事故に遭ってしまい、死亡という重大な結果が生じたことで、事故に遭わず生活を続けていたら得ることができた利益を失ったことを損害として考えます。
⑤慰謝料
事故によって受けた精神的な損害を金銭に置き換えて評価したものです。
慰謝料には、傷害慰謝料、後遺症慰謝料、死亡慰謝料があります。

過失割合

事故によって生じた損害額が決まっても、実際にその額の全てを請求できるかは、事故の態様によって異なります。
それは、過失割合すなわち、事故の発生について当事者にどれくらいの責任があるか(単純に言えばどちらがより悪いか)によって変わるのです。
過失割合は、ある程度事故の態様によって類型化されています。
例えば「交差点において右折車(4輪車)と対向車(2輪車)が接触した場合は何割」など
基本的には、このような事故の状況から過失割合を判断することとなります。しかし、過失割合は事故の状況によっても変わり得るものなので、納得がいかない場合には、保険会社と交渉又は弁護士に相談することをお勧め致します。

保険会社との示談で注意すべきこと

ほとんどの方は、任意保険に加入していることから、事故の被害者である場合は、保険会社の担当者と交渉することが多くなります。
保険会社の担当者と話す場合には、加害者と直接交渉するよりもスムーズに手続きが進み、便利な側面もあります。

しかし、
保険会社も利益を追求する会社ですので、できれば支払額を低額にしたいと考えるのが通常です。残念ながら、交渉の段階で、被害者の方の利益に最大限に配慮した額を提示することは少ないと言えるでしょう。

また、保険会社と交渉する際「基準」があってという話をされるかもしれません。
裁判や弁護士間では、「損害賠償額算定基準」(通称赤い本)や「交通事故損害額算定基準」(青い本)を「基準」として参考にした上で、個別の事案に応じ、損害賠償義務の範囲を確定します。
しかし保険会社が採用する主張する「基準」は、あくまで社内での基準であり、裁判での基準とは違う可能性があります。

したがって、保険会社と早々に示談することは、必ずしも当事者の利益になりません。

弁護士はあなたの代理人ですから、あなたの利益に最大限配慮する立場で交渉を行うことが可能です。損害額や過失割合に納得のいかない点があれば、一度弁護士に相談することをお勧め致します。

当事務所では、交通事故の初回法律相談を無料とさせて頂いているので、一度相談にいらしてみてください。

弁護士に依頼するメリット

・前記のように、弁護士は、あなたの利益に最大限配慮する独立の存在ですので、事故に関して率直な意見を聞くことができます。
・交通事故の示談交渉は、相手方はいわば事故のプロであり、交渉自体が難しいかと思います。また、お忙しい中、突然事故に遭われて大変な思いをしている中、示談交渉を行ったり、このようにネット上で情報を集めたりすること自体、大変な手間でしょう。
弁護士は、あなたの代理人となりますので、弁護士がついてからは交渉を自分で行う必要はありません。
・当事務所は、交通事故の初回法律相談は無料で行っているので、不安なことがあればまずはご相談ください。また、当事務所では、できるだけ相談者の方の生活に支障のないよう、平日は夜間(22時)まで、その他休日でもご対応させて頂いているので、いつでもご都合の付く時間をご申し付けください。

弁護士費用特約

最近では、交通事故の示談交渉や訴訟を行う上で、自分の加入する任意保険に「弁護士費用特約」が付けられていることがあります。これがある場合、弁護士費用が保険会社から支払われるため、弁護士費用の心配をする必要がありません。
一度、保険の契約内容を確認してみることをお勧めいたします。
また、弁護士費用特約が付いているのか、付いていたとして使えるのかが不明である場合には、無料の初回法律相談の中で質問にお答えします。

最後に

交通事故に遭った際、弁護士に依頼する上で一番心配なことは費用の面かと思います。
当事務所では、無料の初回法律相談の中で、今後かかる費用についても説明させて頂いているので、お気軽にご相談ください。